看護師が就職するときは職員の勤続年数を見よう

ビル

現在は看護師が不足する社会情勢なので、看護師の就職比較的容易である。
しかしながら、看護師が病院で働く場合、結果的に大きく得をする場合と、大きく損をする場合がある。
それは、初任給ではなく、その病院で長く勤められるかどうかである。
例え給料が高くても勤続1年未満で辞めてしまっては、結果的に損をすることになるだろう。
つまり看護師が就職する場合には、給料ではなく長く勤められる病院に就職することが一番良いといえるのである。
では、自分が長く勤められそうな病院であるかどうかを判断するのか。
それはその病院の職員の勤続年数を見てみよう。
また、職員の平均年齢が極端に低い場合も要注意となる。
せっかく就職するのだから自分が長く勤められる病院をしっかりと選んだほうがよい。